書類選考に2ケタ落ちて分かった!応募企業の見定め方

1. あなたの応募、ムダになっていませんか?

 不採用の通知やメールが届くと、どんな応募先であれ精神的に削られます。その部分は30〜40代の転職希望者よりも、現役の学生〜ロスジェネ世代のほうが打たれ強いです。と言っても書類選考だけで何回も不採用であれば、応募先の企業を見直す必要があります

 

 ここでは、企業の求めている人材を応募前にもう少しよく見定めるのが目的です。せっかく応募するのですから、応募書類開封後、即却下されるムダをなくして試験や面接に繋げる確率をアップさせましょう。

 

2. 法律 vs 応募企業の本音

 最近の求人情報には、希望年齢や年齢制限がほとんど記載されていません。

 

 その原因は、平成19年10月に雇用対策法が改正され、殆どの職種で年齢制限を設けることができなくなったからです。けれど求人を出す企業は、「いい人がいれば欲しい。」だけでなく、「こんな人が欲しい。」という人物像を、ほとんどのケースで持っているはずです。

 

 ハローワークに行って応募したことのある方なら、「XX歳の男性の方が応募したいといらしていますが、ご紹介してもよろしいでしょうか?」と応募先企業の担当者の方へ、年齢性別を伝えているのを聞いたことがあるはずです。

 

 はっきりと書かれていなくても、求人情報には求めている人材に関するキーワードがあります。それを読み取ることができれば、リクルート期間を大幅に短縮することも可能になります。その一部を以下の表に記載しました。

 

3. 求人誌などでよく見る要チェックな年齢表現

要チェック!40代でも勝機あり! 年齢不問の可能性のあるキーワード

 

 

キーワード 意訳
実績 やる気やポテンシャルよりも、具体的な成果・客観性を入れた評価ができているか
キャリア・社会人経験 即戦力になるか,約束通りの成果が出せるか,自身よりも上の役職の目線や、経営者の目線を持っているか
人生経験 ストレスや過労などに起因する心身のマネジメント,異性の部下・上司、非正規雇用者を含めた職場の人間関係を円滑に構築できるか
(人員,工期,予算,売上) の マネジメント
(プロジェクトリーダーは除く)
課長以上(程度)のマネジメントスキルは必須,人員や予算、プロジェクトを預けて大丈夫か
年収例が40代で役付、扶養家族あり 年収例で想定される人物像を受け入れることが可能
キャリア採用なのに学歴不問 現在の能力・経験を重視する

 

 

若い人を求めていると思われるキーワード

キーワード 意訳
社会人経験1年以上 働いた経験があればよい
第二新卒歓迎 社会人経験3年未満の人がよい
ポテンシャル採用 現在の実績はさほど重視しない。未来を重要視する
キャリア形成 これから当社でキャリアを積んでほしい
経験不問・未経験者歓迎 若い人だけとは限らない場合も。若い人が有利は変わらず
20代中心の職場です 同じ20代を求めています
若手がたくさん活躍中 同じように仕事を任せられる若手がほしい
年収例が20代 例で掲載されている年代を求めています
年収例に勤務年数が入っている 掲載年齢から勤務年数を引いて考える
年収例40歳(勤務年数10年)なら、30歳前後
若い,はつらつ,元気,楽しい,チーム,仲が良い など キーワードから連想される人物像が望ましい
若手社員の写真が多数掲載 写真から連想される人物像が望ましい
転職入社した方が20代 少し前に転職した社員のインタビュー記事など
プロジェクトリーダーとしてマネジメントをしたことがある 20代(〜30代前半の場合も)の仕事を任せられる人材が欲しい

 

まとめ

 基本に立ち返りますが、応募先企業の求める人材を知るために、求人に記載されている情報を深く読み込むことが大切です。

 

←前回特集へ 40代の転職成功は、9つの求人媒体から

 

 


この記事は誰かの役に立つと思ったら、
シェアのご協力よろしくお願いいたします。

 

 


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト