【特集】40代ではムリなく賢く資格を取ろう!

 決して甘くは無いと言われている40代の就職や転職を成功させるために少しでもそれをプラスに働かせる為にできることは、やはり何らかの資格の取得です。

 

 実際に転職者受け入れ側企業の面接官などの意見を調べてみると、まずは過去の実績がどうであったか、その実績をその会社にどう活かせる人材であるか?

 

 その点から人材価値を評価するところから始まるものの、過去の実績を証明するその裏打ちとして、どのような資格を保持しているかも関心の集まるところのようです。

資格が内定獲得の決定打になるかどうかは別としても、持っている事がオファーのキッカケ作りや自己アピールの材料の一部として使えることを考えると、チャレンジの価値はとても大きいですね。ほんの1例ですが、英語に関わった経験をお持ちの方などは下記のような資格から狙ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

旅行業務取扱管理者

 国家資格の一つで国内旅行業務取扱管理者と総合旅行業務取扱管理者の2種類が有りますが、まずは国内旅行業務取扱管理者からでもチャレンジしてみるのも良いでしょう。旅行業者の営業所には法律上、必ず必要とされる人材という意味でも非常に魅力的です。

 

 <詳細を知りたい方は特設ページへ
 40代で旅行会社に就職する場合に国家資格の「旅行業務取扱管理者」は大きな武器

 

 

 

 

TOEIC

 英語のコミュニケーションレベルがどの程度であるかを証明する検定です。合格や不合格ではなく10点から990点の獲得点数(スコア)による英語力を判断する材料です。日常生活の会話に対応できるレベルとしては470〜730点とされています。

 

 <詳細を知りたい方は特設ページへ
 TOEIC…英語力は何よりのステータス

 

 

 

 

英会話検定

 とにかく英会話力の証明をするには最適の検定。 社会に通用する実用的な英会話力を判定するためのこの試験は面接官との会話だけの試験なので、筆記が苦手な人でもトライし易いと考えられます。1〜5級とネイティブのA,Bのレベルです。ビジネスシーンで充分に通用するのは1級レベルとされています。

 

 <詳細を知りたい方は特設ページへ
 転職に有利な資格として注目されている英会話検定

 

 

 

まとめ

 

 

 40代ではそれなりの経験を積んでいることから、即戦力となり得る人材も多い事が想像できます。転職の際に自己アピールの手段としてそうした経験上の実力を証明する為にも、関わってきた業務に関連する資格を取得したり、更にそれを展開したりステップアップさせたりする関連の資格にチャレンジすることで、より多くの企業から必要とされる人材を目指すことが可能になります。

 

 新しい資格に挑戦するのも前向きですが、40代で無理なく資格を習得するにはこれまでの経験を活かし、転職活動の際にそれを証明できる資格を狙ってみるのが賢い方法とオススメできます。

 


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト