「こんなはずじゃなかった!」そんな時はどうしたらいいの!?

じっくりしっかり考えることが大切

 

 転職は職種にもよりますが、回数を重ねれば重ねるほど難易度が上がると言われています。スキルアップの為であれば印象もそこまで悪くないものの、やはり短期間で辞めてしまうと次が決まりにくいのも事実です。40代はスキルもあり、定年までまだまだ働ける年齢ですから、即戦力やまとめ役として大変重宝されます。

 

 

 実際に満足の行く転職をされている方も少なくはありません。しかし、やはり実際に働いてみると思っていたものと全然違った、なんていうこともありますよね。ただそんな時こそ一呼吸おいて、本当に続けていけないか、今すぐに辞めないといけないのかをじっくり考えていただきたいのです。

 

 確かにこちらに正当な理由がある場合も多いでしょうが、どうしても短期間での退職は印象を悪くしてしまう可能性があります。次の仕事の為に面接をしたとしても、必ずと言っていい程理由を聞かれるでしょう。そうなった場合でも諦めずに転職活動を続けられるだろうか、また思ったような仕事に就けないかも知れないといったリスクもしっかり考える方が安心です。

 

必ず会社と相談をしよう

 

 思っていた仕事と違う、条件と違うといった場合、約束を破られたようなガッカリ感を感じますよね。せっかく転職したのに「この転職は失敗だ」なんて言う風に思うことでしょう。

 

 しかし、その中の不満には、会社に相談することで改善されるものもあります。例えば勤務時間が最初の条件よりも長い、残業が多すぎるといったことは、入社後に会社の状況が変わったということも考えられますし、上司に相談をすることで改善される可能性があるものです。

 

 仕事内容に関しても他部署に移動させてもらう、案件を変えてもらうなど改善の余地は沢山あります。会社としても戦力としてせっかく雇った人にすぐ辞められてしまっては困ります。また求人をかけるにしても手間もお金も必要です。だからこそ、自分がその会社で上手くやって行ける方法がないか、会社側と話し合い相談することがおすすめなのです。


トップページ 5つの転職ステップ おすすめ転職サイト